Tag: プランニング


ポートランドでの撮影場所

さて今日はポートランドでドレスアップして前撮り撮影をされる場合のポートランドでの撮影場所についてどのようにして決めているのか書きたいと思います。 まず、ご連絡いただきいつ来られる予定かをお伺いします。 その中で、お二人のお好きなものやご興味もお聞きしています。 でもなかなか会ったこともない人に個人的なことを話すのは難しいですよね(笑)。 その場合はポートランド旅行の日程をお伺いしています。限られた時間内にどんな場所に行かれるご予定かを教えて頂くことによって、何となくお二人のご興味や好みが分かるからです。 よく頂くご要望には、あまり観光客のいないレアでフォトジェニックな場所というのもあります。 私も旅行に行くとあまり日本人が行かないようなローカルな雰囲気を満喫したいと思うので、ご希望に添えるようご提案しています。 こちらはポートランドから車で15分ほどの場所にあるファーム。100年以上、5世代続くファームが沢山ある地域でのんびりとした雰囲気を味わえます。 https://traveloregon.com/places-to-go/cities/sauvie-island/ なかなか、旅行者だけで行くにはハードルが高いかなと思われるところも、楽しんでいただけるように撮影日程を組んでいます。 アメリカらしい、ローカルで広大な場所を満喫したいとおっしゃる方にはこういったところもお勧めです。 もちろんツアー雑誌などに載っていて滞在中に行く予定にしている場所で撮影が可能な場合(私有地はもちろん公共の場所の場合でも許可が必要です)は撮影場所としてプランすることもできます。交渉代や許可などはすべて料金に含まれています。ポートランドでのウェディングコーディネート、ウェディング前撮り写真、エンゲージメント写真はこちらよりご連絡ください。https://cozywed.com/contact/
Read More

ポートランド旅行での軽食

ポートランド旅行に来られる方たちの中にはハネムーンで来られるカップル、小さいお子さんのいるカップルなど色々です。 はじめの数日はボリュームたっぷりの美味しい料理をワイワイ言いながら食べられるのですが、あまりにそれが毎食続くと胃がもたれてしまって…なんて事をポートランドウェディングをご利用いただく私のお客様からもよく聞きます。 かと言ってホテルで日本から持ってきたお茶漬けというのも気がのらない…せっかくポートランドにまで来たんだから何か違ったものが食べたい。 日本でならコンビニがあるし、ちょっと軽食と思ってもなんでもすぐ手に入りますが、なかなかアメリカでは私たち日本人サイズのお手軽フード見つけにくいですよね。 先日、仕事仲間の友人とポートランドのダウンタウン(Everret沿い)に行くことがあり、ふらっと立ち寄ったのがこちらのお店。World Foods ワールドフーズというマーケットです。 http://www.worldfoodsportland.com/ こちらがお店の外観。平日はダウンタウンに住む人や働く人たちで賑わうマーケットです。 中にはメディトレニアン(地中海)デリがあります。 ここのデリはYa Hala Lebanese Cuisine(http://yahalarestaurant.com/)というポートランドでも美味しいと評判のレバノンレストランのシェフが監修しているそうです。 こちらが並んでいた料理。温めてくれるようお願いしたら暖かいものが出てきましたよ! このサイズ!この小ささ! レストランに入ると大してお腹がすいていなくても座ったらチップも払わないといけませんよね。その煩わしさがありません。 ここはイートインスペースがあってカフェも併設されていて、エスプレッソコーヒを飲むことが出来ます。 ポートランダーに交じって、自分たちのペースでのんびり一日をスタートするものいいのではないでしょうか? 飲み物や、おつまみなんかもバラエティー豊富です。チーズやサラミなんかもデリの隣にあって、ホテルに帰ってから部屋でゆっくりされる時にも利用できるのではないかと思いました。 それと…チョコレート好きな方にはこのお店お勧めです(私もその一人)。この品数!!このお店のチョコレートバイヤーの方に一度お会いしたことがあるのですが、熱の入れようが凄かったです(笑)。アメリカ中、世界中、から珍しいチョコレートを仕入れているとのこと。もちろんオレゴン州ポートランドで作られたチョコレートも並んでました。お土産にもいいですよね。 体調管理も楽しい旅行には必要不可欠。地元ポートランダーに交じって軽食を楽しんでみるのもいいかもしれません!
Read More

気持ちを残すポートランドウェディング

初めてのブログ。何を書くか結構悩みますね笑。今年の夏も日本からポートランドウェディングに来てくださるカップルやご家族をお迎えしてプランニングと撮影を楽しんでいます。 今回は、同じ場所でも見方や伝えたいものによって写真は変わるということを書いてみたいと思います。 先日お越しになったカップルはポートランドに新婚旅行に来られ、ポートランドウェディングの撮影をされました。海外旅行がお好きなお二人に、ポートランドの町の親しみやすさが良いと言われると住んでいるこちらも嬉しくなりますね。 大切な思いや瞬間を写真で残す時、私が最も心掛けているのが被写体であるお二人の気持ちをどの様に写真に表すかです。言葉にすると分かりにくいですね。。。 写真で見ると分かるかな。。。同じロケーションで撮った写真を三枚載せてみましょう。 一枚目の写真は私が目にした光景をそのままおさめてみました(掲載用にお顔はぼかしています)。ポートランドの喉かな風景にたたずむお二人。でも私でなくてもこの写真なら誰でも携帯で撮れる写真です笑。思い出に残る一枚でなくても、ウェディング撮影で状況を撮るのも大事な要素だとおもうので勿論撮影してます。この写真からはどんな所でどんな風にして撮ったかがわかりますよね。 こちらが二枚目。自然がお好きで観光地だけでなく、今回はポートランドの自然も感じたいと事前にお伺いしたのでお二人を自然に溶け込ませた画にしてみました。日常から離れた、少し不思議な雰囲気が出たらと撮って見ました。 三枚。何回かシャッターを押しているうちに、お二人のお互いに対する思いみたいなものが撮っている私にも伝わってきました。思いが一つになって一緒にいられる事とか、一体感とか、思いが重なる事を表現できたらとおさめた一枚。 今回ご紹介したこの3枚の写真は、同じロケーションで同じ時間に撮影したものです。でも撮る人や見方、伝えたいこと、感じ方で撮るイメージは変わってくるという事がお分かりいただけるかなと思います。せっかく海外でウェディング撮影をご依頼いただくのですから是非お客様の思いが残せる写真をポートランドウェディングCozy Wedではご提供させて頂きたいと思っています。ご興味のある方は是非こちらよりご連絡ください。https://cozywed.com/contact/
Read More