ポートランド旅行のあれこれ


ポートランド旅行の写真の残し方

旅行先で撮影した写真の保存、皆さんどうされていますか? 楽しかった旅の思い出…撮った膨大な写真の数々。”いつ見返す時間があるかなー”なんて思いながらクラウドにアップロードされている方も多いかと思います。このページではポートランド旅行の写真の残し方をご提案したいと思います。最近ではハネムーンやご婚約、ご結婚のお祝いでオレゴン州ポートランドに旅行に来られる方も多くなってきました。お客様にとっての大事な時間と思い出を提供するため、Cozywedでは納品させていただく写真を使ってアルバムを作成し、日本にお送りするところまでお手伝いさせていただいています。 データは編集後、プライベートギャラリーに載せますのでダウンロードしていただきすぐご覧いただけます。日本でもアメリカでもそうなのですが、結婚式の写真で納品される写真は何百枚とあることも珍しくないです。アルバムと聞くと”いる?”と思われる方や、ミニマリストが流行る時代に必要ないのでは…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でもフォトグラファーの目線からお伝えするのならば、撮影をされたのであればアルバムにされることをお勧めしたいです。なぜかというと、冒頭でも下記ましたが、忙しい日々の中で、膨大な数の写真をわざわざクラウドから落として見返す事はほぼないです。皆さんお忙しいです(笑)。 私たちも結婚して11年になりますが、結婚一周年の時にデジタル保存していた写真は見返したくらいでそれ以来PCスクリーンで結婚式の写真をわざわざ見返すなんてありません。でも…驚くことに頻繁ではなくてもアルバムは結婚生活の中でも手に取ります。二人のはじまりの思い出が手の届きやすいところにあると時々見返したくなるものです。未だにアルバムを開いては二人でお酒片手に思い出話も良くします。 アルバムはシンプルなデザインで印象に残る写真をご提供できるよう心がけています。 ホテルやゲストハウスなど既にパッケージにウェディングフォトが込みになっている挙式をすると、写真データをお見せする前に業者さんが独断でアルバムのデザインをしてお二人のチェックなしに納品という話もよく聞きます。Cozywedではお客様にデータ納品を先にさせて頂いています。写真をご覧頂いてその後アルバムを作成するか決めて頂けます。作成したいとお返事があった場合、納品した写真の中からお好きな写真を使用枚数の半分ほどお選びいただき、撮影した中のお気に入りショットを教えて頂きます。それを元に当日のストーリーが蘇るよう、こちらでデザインし、お二人にご確認後(この時点では差し替えなども可能です)、製本に移ります。なので、あのショットが入っていない…やこの写真使ってほしくなかったなんてことはありません。これがいいと思っていただけるものを作成するのみです。人生で一度の事ですからね! こちらが見本です。 デジタル保存も便利ですが、やはり手に取れる形で写真を残すと、ずっと残ります。また、ポートランド旅行の写真だけに限らず、写真って未来のために今を撮るものではないかと私は思っています。今は旅行記念、結婚記念、ハネムーン記念の写真でも、時間が経つとそれがお二人の歴史になり、ご家族の宝物になり、その写真をご覧になる方に何かを伝えたり感じてもらえるものと思います。ぜひポートランド旅行の写真の残し方、皆さんも参考にしてみてくださいね!ご質問、お問い合わせはコンタクトページからどうぞ!
Read More

ポートランドの不思議なアンティークショップへ

今日は先日訪れたポートランドの不思議なアンティークショップをご紹介したいと思います。Cozywed をご利用いただきウェディング撮影をされるお客様の中にはガイドブックに載っているお店を回られる方もいれば、2度目3度目とポートランドに帰って来られる方はガイドブック以外のもっと地元の方やポートランダーの行くお店に興味を持たれる方もいらっしゃいます。 先日ロケハンと小物を調達しにポートランドのアンティークショップ巡りをしていた時にたまたま見つけたお店、Old Portland Hardware & Architectural。ポートランドのダウンタウンからサウスイーストサイドに車を走らせ10分ほどのところにあります。 外観だけだと何かの倉庫?っといった感じです。 でもお店の中に入ると一気に不思議な雰囲気に飲み込まれます! 1900年代前半のものや、古いものでは1800年代に使用されていた家具や電化製品までありました!ちょっとした博物館のような感じです。 私自身、人や物の歴史、その土地の人の住み方、アンティークなどに興味があるのでポートランドにあるアンティークショップには結構足を運びます。 アンティークショップと言ってもいろいろあって、使えないような古いものを置いているお店も結構あるんですよね…。 でもこのアンティークストアは古いものを作り変えて使えるようにしてあるものが多く、ガラクタ屋さんとは違います! ドアノブや家具の金具、電化製品や昔の暖炉などアンティークハードウェアが充実しています。以前日本で家具の職人さんをされている方がCozywedのブライダル撮影に新郎さんとして来られ時にもこちらのお店に行かれたとか。同じような趣味をお持ちのカップルなら、より楽しめますね。 家具やアンティーク、歴史を感じるものが好きな方にも良いお店ではないかと思います。 私共Cozywedでもアンティークや歴史が好きな方には歴史的建築物を借し切ってウェディング撮影やブライダルコーディネートも行っています。 雰囲気は少し違いますが、こちらは1927年に建設された洋館でのお式 ウェディングサンプル Keep Portland Weirdでお馴染みのポートランドらしさも健在(笑)ここのオーナーは生粋のポートランダーとのこと。この雰囲気にも納得です。 電化製品や家具といったものが大半なので、日本からのご旅行だと気軽に買い物ができるアンティークショップではないかもしれませんが、コーヒーを片手に見てポートランドを味わうにはもってこいの場所です。 このお店の時間を忘れさせてくれる不思議な雰囲気をポートランドにご旅行の際はぜひ味わってください! 日本での日常を忘れさせてくれるポートランドの不思議なアンティークショップでした。
Read More

ポートランドのイーストサイドでブランチ

先日ポートランドの仲間と共にポートランドのイーストサイドでブランチするためスクリーンドアScreen Doorというお店に行ってきました。https://screendoorrestaurant.com/ ずっと前からあるのは知っていましたが、いつ前を通っても行列ができていて、なかなか入ることが出来ないお店でした。もちろん予約もできません!ポートランドには少人数グループの場合、予約を取らないお店が結構あります。特に有名なお店は予約させてくれないので思えておくと旅行プランが立てやすいかもしれませんね! 水曜日11時半。写真はすべて携帯で撮ってますのであしからず! 今回は友達が先について名前を書いて待っていてくれたので、私はものの5分ほどで入ることが出来ました。両脇に10人くらい待っているところを通してもらってお店に入りと… バーがあって、ポートランドの地ビールなども置いているみたいです。 私は午後から予定があったので朝から飲めまず…。ぜひゆっくりとミモザでも飲みたいなと思いながら通り過ぎ席に着きました(笑)。 注文したのはお目当てのワッフルチキン、ブルーチーズのサラダ、バナナフォスターフレンチトースト。 ワッフルとチキンにシロップをかけて食べるという…ちょっと日本では考えられないほどヘビーな食べ物です。でも美味しいので一度試してください。アメリカ人は大好きでスクリーンドア(Screen door)ではチキンの数が1-3ピースまで選ぶことが出来ます。 お店の棚にはたくさんのピクルスが!つけているのをそのまま見せて飾っているところがポートランドらしいなと思いました。ポートランドのイーストバーンサイドにスクリーンドア(Screen Door)はあります。周りにもお店があったり、他にもレストランがあったりと楽しい通りなのでぜひポートランドにお越しの際は立ち寄ってみてくださいね。
Read More

ポートランド旅行での軽食

ポートランド旅行に来られる方たちの中にはハネムーンで来られるカップル、小さいお子さんのいるカップルなど色々です。 はじめの数日はボリュームたっぷりの美味しい料理をワイワイ言いながら食べられるのですが、あまりにそれが毎食続くと胃がもたれてしまって…なんて事をポートランドウェディングをご利用いただく私のお客様からもよく聞きます。 かと言ってホテルで日本から持ってきたお茶漬けというのも気がのらない…せっかくポートランドにまで来たんだから何か違ったものが食べたい。 日本でならコンビニがあるし、ちょっと軽食と思ってもなんでもすぐ手に入りますが、なかなかアメリカでは私たち日本人サイズのお手軽フード見つけにくいですよね。 先日、仕事仲間の友人とポートランドのダウンタウン(Everret沿い)に行くことがあり、ふらっと立ち寄ったのがこちらのお店。World Foods ワールドフーズというマーケットです。 http://www.worldfoodsportland.com/ こちらがお店の外観。平日はダウンタウンに住む人や働く人たちで賑わうマーケットです。 中にはメディトレニアン(地中海)デリがあります。 ここのデリはYa Hala Lebanese Cuisine(http://yahalarestaurant.com/)というポートランドでも美味しいと評判のレバノンレストランのシェフが監修しているそうです。 こちらが並んでいた料理。温めてくれるようお願いしたら暖かいものが出てきましたよ! このサイズ!この小ささ! レストランに入ると大してお腹がすいていなくても座ったらチップも払わないといけませんよね。その煩わしさがありません。 ここはイートインスペースがあってカフェも併設されていて、エスプレッソコーヒを飲むことが出来ます。 ポートランダーに交じって、自分たちのペースでのんびり一日をスタートするものいいのではないでしょうか? 飲み物や、おつまみなんかもバラエティー豊富です。チーズやサラミなんかもデリの隣にあって、ホテルに帰ってから部屋でゆっくりされる時にも利用できるのではないかと思いました。 それと…チョコレート好きな方にはこのお店お勧めです(私もその一人)。この品数!!このお店のチョコレートバイヤーの方に一度お会いしたことがあるのですが、熱の入れようが凄かったです(笑)。アメリカ中、世界中、から珍しいチョコレートを仕入れているとのこと。もちろんオレゴン州ポートランドで作られたチョコレートも並んでました。お土産にもいいですよね。 体調管理も楽しい旅行には必要不可欠。地元ポートランダーに交じって軽食を楽しんでみるのもいいかもしれません!
Read More